美容外科の求人情報と整形について

美容外科は『健康な人』を相手にする医療

美容外科求人情報を見てみると、カウンセラーは受付ならば、特に資格がなくても出来ることがわかりました。
美容にはすごく関心がありましたし、社員になれば美容治療を社割で受けられるのも魅力に感じたのです。
一般企業の受付をやっていたので、それが美容医療の世界にシフトチェンジをするだけの話だから、問題はないと思っていました。
実際に美容整形にも抵抗はなかったですし、自らやっているとは言いませんが、医療の力で美容を高めることには肯定的です。
美容医療の世界へ足を踏み入れてみて、最初は戸惑いがあったことといえば、一応は病院というカテゴリーではありますが、患者さんをお客さんという立場で扱うことです。
患者ではなくお客様として扱い対応をするのは、最初はなかなかなれませんでした。
頭のどこかでやはり、ここは病院ということが取り払えませんでしたし、病院というのはイメージ的にも、風邪をひいた時にお薬を処方してもらったり、そういった疾患で訪れて治療をしてもらうというのが、今までの染み付いたイメージだからです。
でも美容医療のクリニックに転職をしてからは、その認識は取り払わないといけなとわかりました。
自分ではわかっていたはずのことが、ここでは分かっていなかったと思い知ることばかりです。
医療機関ではありますが、美容利用のクリニックに来るのは、基本的に健康な人です。

美容外科は『健康な人』を相手にする医療 : 命にかかわる患者さんはいない、、、 : 魅力的なのは社割で美容外科のメニューを受けられること